家族葬のメリットとその費用

日本では、葬儀というと、近所の人が手伝いに来て、亡くなった人の会社関係や友人や知人など大勢の人が参列するものでした。
多くの人が、参列するため遺族は故人との別れを惜しむ暇もなく、参列者に気を遣い心身共に疲れていました。費用面でも、多額のお金が掛かり遺族の経済的負担は大きなものでした。しかし、核家族化進み少子高齢化の時代に突入して、葬儀に対する考え方が変化して来ました。最近では、家族だけで故人を送る家族葬を行う人が増えています。
家族葬は、参列者がいないので他の人に気を遣う事無く故人とゆっくり最後のお別れをする事が出来ます。

家族葬の費用を知りたいならこちらです。

葬儀の後も、参列者がいないので弔問客の対応などがありませんから、精神的に楽です。


また、葬儀の形も自由で祭壇を組むのではなく故人のゆかりのもので飾ったり出来るので、故人と家族の最後の思い出作りが出来ます。

家族葬は一般葬と比べると費用も一般葬に比べると、安くする事が出来ます。



近所づきあいなども最近は、希薄になっており葬儀に対する考え方も変化して来ておりこの家族だけで故人との別れをするという家族葬が増えて来ています。

不景気の時代も長く、経済的な面からも葬儀に対して費用を抑えたいと考える人も増えています。その結果、今後もこの家族葬をいう形は増えていくはずです。

ただし、高齢の人の中にはこの考え方が定着していない場合がありますから、事前に家族や親せきで話して理解を得てから行う事が大切です。

安心をコンセプトにした47NEWSのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。